1周年記念
2020.10.17
追憶の賢者
高難易度

導きの英雄たち超高難度を攻略

1周年記念イベントも終盤に差し掛かりました。

本日、恐らく最後のイベントになるであろう「導きの英雄たち超高難度」が登場しました。

 

今回の高難度は、過去最高となる6連戦になり、この1年で登場した強敵が相手になります。

早速ですが、強敵達をぶっ倒しに行ってきましたので、その際のパーティー、装備、こころの編成、戦い方を紹介したいと思います。

 

 

パーティ編成と装備

戦闘中の役割

  • パラディン(回復 補助)
  • バトマス(攻撃)
  • レンジャー(攻撃 補助)
  • 賢者(回復 補助)

攻撃役には、バトマス、レンジャーを編成しました。

 

攻撃役の武器については悩みました。

私は無課金なので所持している武器は限られています。

 

今回の高難度では、イオ属性が弱点となる敵が結構出るのと、最後のバリゲーンはイオ属性が超弱点になりますので、イオ属性が使える武器は必須になるかと思います。

そこで、レンジャーには「クリスタルクロー」を装備させました。

 

次にバトマスですが、私が所持している武器の中で、一番攻撃力の高い武器は「常闇のやり」になります。

私の「常闇のやり」は3凸しています。

また、常闇のやりには悪魔系へのダメージアップが付いていて、今回の高難度では、悪魔系の敵が結構出ますので常闇のやりを装備させるのも有りかと思いました。

ということで、バトマスの武器は、全体攻撃「月影の大鎌」、単体攻撃「退魔突き」が使える「常闇のやり」を装備させました。

 

ちなみに、武器は「マホカンタ」を使用してくる敵がいるので、物理攻撃の武器で編成してください。

 

回復役はパラディン、賢者を編成しました。

それぞれ「ひかりのタクト」「さとりのつえ」を装備させました。

 

防具についてですが、盾は全員「まもりのたて」が使用できる盾の装備が必須になります。

6連戦の中で、いずれかの敵が行動停止系の攻撃をしてきます。

 

盾以外の防具は「イオ耐性」「バギ耐性」付きの防具を装備することをお勧めします。

 

イオ耐性は、2戦目の「キングミニデーモン」の「魔力かくせい」からの「イオナズン」の被ダメージ対策です。

私はイオ耐性を盛らずに挑んだため、ここでのダメージが大きく結構苦戦しました。

また、3戦目の「ヘルバトラー」5戦目の「キマイラロード」も「イオナズン」を使用してきます。

 

バギ耐性は、6戦目のバリゲーンが使用してくる「バギクロス」の被ダメージ対策です。

 

 

 

 

こころの編成

回復魔力、耐久性を意識した編成にしました。

 

 

 

 

ドルマ属性ダメージアップと耐久性を意識した編成にしました。

 

 

 

 

イオ属性ダメージアップと耐久性を意識した編成にしました。

 

 

 

 

回復魔力を意識した編成にしました。

 

 



 

 

1戦目

1戦目は、敵全員がブレス攻撃をしてきますので、レンジャーはフバーハを使用し、以降はフバーハ状態を維持します。

回復役は、行動停止とラリホー対策で「まもりのたて」を使用し、以降はこれを維持します。

 

倒す順番は「スノードラゴン」「ドラゴン」「ガメゴン」の順番で倒しました。

 

 

 

 

バトマスの「月影の大鎌」のダメージです。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

回復役に「まもりのたて」を掛けておけば、特に苦戦することはないと思います。

 

 

 

 

2戦目

2戦目「おひなさまスライム」は「ザオラル」を使用してきますので、最優先で倒しにいきます。

順番としては「おひなさまスライム」「ダークキング」「キングミニデーモン」の順番で倒しました。

 

回復役は行動停止対策で「まもりのたて」を使用し、以降はこの状態を維持します。

 

 

 

 

 

バトマス、怒りの「月影の大鎌」のダメージです。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

「キングミニデーモン」の「イオナズン」のダメージです。

 

 

 

 

「キングミニデーモン」と「ダークキング」の連続攻撃で何度か全滅をしました。

こころにバリゲーンを編成してHPを盛るようにしたら耐えれるようになり、討伐できました。

 

 

 

 

3戦目

3戦目「ヘルバトラー」はブレス攻撃をしてきますので、レンジャーのフバーハを使用し、以降はこの状態を維持します。

 

今回は全員「まもりのたて」を使用した方が良さそうです。

というのも「ヘルバトラー」は「おたけび」を「カンダタ」は「いのちごい」で行動停止を付与してきます。

2体で頻繁に使用されると、かなりの確率で行動停止に陥ります。

 

倒す順番は「カンダタ」の全体攻撃「おのむそう」のダメージが大きいので「カンダタ」「ヘルバトラー」の順番で倒しました。

 

 

 

 

バトマスの「月影の大鎌」のダメージです。

 

 

 

 

「カンダタ」の「おのむそう」のダメージです。

 

 

 

 

「まもりのたて」未使用だったので、全員行動停止に陥ってしまいました。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

バトマスの「退魔突き」のダメージです。

悪魔系へは倍率が330%になります。

 

 

 

 

危ない場面もありましたが、無事倒せました。

 

 



 

 

4戦目

やはり来ました!

ウォーク民を絶望へ叩き落としたヘルコンドル! 

このフォルムを見るだけで、あの時のトラウマが蘇ってきます。

ただ、苦戦したあの頃と比べると、こっちは確実に強くなっています。

返り討ちにしてやりましょう!

 

戦い方は「ヘルコンドル 」は「わしづかみ」「ウイングタイガー」は「しびれるキバ」で行動停止を付与してきますので、全員「まもりのたて」は必須です。

 

倒す順番は「ウイングタイガー」「ヘルコンドル 」の順番で倒しました。

 

 

 

 

とはいえ、相手に先に動かれたため「魅了」「麻痺」状態に陥ってしましました。

 

 

 

 

態勢を立て直し、全員に「まもりのたて」を掛けることができました。

4戦目は「まもりのたて」さえ掛けることができれば、怖いものはありません。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

バトマスの「月影の大鎌」のダメージです。

 

 

 

 

ヘルコンドルの「ベギラゴン」のダメージです。

ウイングタイガーは「バギクロス」を使用してきます。

 

 

 

 

相変わらず、物理ダメージは驚異です。

 

 

 

 

討伐完了です。

「まもりのたて」さえ掛けれれば、よっぽどの事がない限りは倒せると思います。

 

 

 

 

5戦目

戦い方は「キマイラロード」の「鋭いツメできりさく」は攻撃力低下を付与してきますので、攻撃役は「まもりのたて」を使用し、以降この状態を維持します。

 

倒す順番はどちらが先でも構いません。

私は「ボストロール」「ウイングタイガー」の順番で倒しました。

ボストロールは悪魔系で、バトマスが装備している「常闇のやり」には悪魔系に対してダメージアップが付いているので、大ダメージが与えられます。

また「ボストロール」の「つうこんのいちげき」も面倒だったので「ボストロール」から倒すようにしました。

 

今回の「キマイラロード 」はHPが50%を切っても「魔力かくせい」は使用してきません。

 

 

 

 

怒り状態での会心の「月影の大鎌」のダメージです。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

キマイラロードの「イオナズン」のダメージです。

 

 

 

 

5戦目も特に苦戦することはありませんでした。

次がいよいよ最後になります。

 

 

 

6戦目

最後はバリゲーンの登場です。

戦い方は、1ターン目にバリゲーンより先に動けた場合は、防御を選択した方が良さそうです。

 

 

 

 

というのも、1ターン目にいきなり「魔神風」を使用してきます。

ダメージが非常に大きいです。

 

 

 

 

しかも1ターン2回行動なのでこの後に「ドルモーア」を使用され、いきなりピンチに陥ってしまいました。

「ドルモーア」のダメージも約400あり結構大きいです。

 

ちなみに、今回は3回行動は確認できませんでした。

2回行動固定になると思います。

 

「魔神風」については、8ターン毎に使用してきます。

1、9、17のターンで使用してきますので、直前のターンでHPの回復や、防御などで対策をとると安定すると思います。

 

 

 

 

レンジャーの「ゴットスマッシュ」のダメージです。

 

 

 

 

バトマスの「退魔突き」のダメージです。

 

 

 

 

HPが50%を切ると「バイキルト」を使用してきます。

通常攻撃や「ばくれつけん」のダメージが一気に上がりますので、50%を切る前までに全員に「スカラ」を掛け、対策をした方が良いでしょう。

 

 

 

 

「バギクロス」のダメージです。

 

 

 

 

「ばくれつけん」のダメージです。

 

 

 

 

討伐完了です!

 

やはり、最後のバリゲーンは別格ですね。強かったです!

「魔神風」の対策とHP50%を切ったあとの対策をしっかりとっておく事が攻略のポイントかと思います。

 

今回は6連戦と過去最高のバトル数でしたが、1戦毎の敵のHPはそこまで大きくないように感じました。

また、色々の強敵と戦えたので楽しかったです。

 

ちなみに、今回の攻略で「まほうのせいすい」は22個使用しました。

「まほうのせいすい」の所持数が少ない場合は、メガモンスターの討伐で「まほうのせいすい」を集めてから挑戦することをお勧めします。

ちなみに途中でタスクキルをしても、使用した分の「まほうのせいすい」は戻りませんのでお気をつけください。

 

 

 

 

今回の限定称号になります。

カッコイイですね!

皆さんも是非ゲットしてください!

 

以上、導きの英雄たち超高難度を攻略でした。

 

関連記事

【メガザル注意】「追憶の賢者 竜王現る」の攻略パーティーと戦い方を紹介

 今回は、ドラクエ1復刻イベントの高難度クエスト「追憶の賢者 竜王現る」の攻略パーティーと.....

【DQ1高難度】追憶の賢者 竜王現る登場!ネットの反応まとめ

 ドラクエ1復刻イベント「追憶の賢者 竜王現る」が登場しました。 初登場時の「追.....

【ドラクエ7】超高難度 追憶の賢者登場!ネットの反応まとめ&攻略パーティー紹介

 ドラクエ7イベントの最後を飾る超高難度クエスト「追憶の賢者」が登場しました。 .....

海賊アロン航海記の高難度をノーしずく攻略!

私、花粉症なのですが、これまでは市販の薬で症状を抑えられていました。が、今日は飛散量が多く、症状が酷.....

いてついた王国と炎熱の兄弟の高難度はマホトーンで完封

いてついた王国と炎熱の兄弟に高難度が登場しました! やっと来ましたね!できれば、ブログは毎.....

ダイの大冒険超高難度クリア報告

こんにちは! 本日、ダイの大冒険超高難度クエストが追加されました。  .....

炎の山、巣食う竜たちの高難易度攻略

炎の山、巣食う竜たちの高難易度の攻略情報です。攻略のポイント、パーティー編成、装備、こころの編成をま.....