超連戦組手
2021.05.02
攻略

超連戦組手「混沌の魔洞」55%〜75%の攻略パーティー紹介

 

超連戦組手「混沌の魔洞」の55%〜75%までの攻略パーティーや戦い方を紹介します。

 

75%ではバリゲーンの心を覚醒するために必要な「バリゲーンの宝珠」が手に入りますので、最低でも75%までは踏破しておきたいところです。

 

 

 

 

パーティー編成と装備

戦闘中の役割

  • 魔法戦士(攻撃)
  • 賢者(攻撃)
  • 魔法戦士(回復 補助)
  • 賢者(回復)

攻撃役を2体、回復役2体編成しました。55%〜75%では、「スクルト」「ヘナスト」「超ブレードガード」などの物理攻撃対策を行なってくる敵が多いので、呪文パーティーで挑むことにしました。

 

55%〜75%の有効属性は「メラ」「バギ」になります。メラ属性は「書聖のつえ」を所持しているのでこれを使うとして、バギ属性は星5の呪文武器を所持していません。仕方がないので、海賊イベントで配布された「プチアノタクト」で挑むことにしました。正直、星4であることに若干不安があったのですが、結果としては問題なかったです。

 

防具で耐性を上げる場合は、最終戦の「バギ属性」「ドルマ属性」の被ダメージが大きいので、これらの耐性を上げることをおすすめします。

 

 

 

魔法戦士

プチアノタクトを装備させました。火力に不安があったので、魔法戦士に装備させフォースブレイクでダメージアップを狙っています。

 

心は、バギ属性のダメージアップを、防具はバギ耐性を重視して編成しました。

 

 

 

 

賢者

書聖をつえを装備させました。

 

防具と心は、メラ属性のダメージアップを重視して編成しました。

 

 

 

 

魔法戦士

さとりのつえを装備させました。回復魔法戦士はMPパサーとしての役割もあります。

 

心は、回復魔力を、防具はバギ耐性を重視して編成しました。

 

 

 

 

賢者

聖風のつえを装備させました。

 

心は、回復魔力とすばやさを重視して編成しました。

 

 

 

55%〜75%も物理攻撃主体の敵が多く出現しますので、パラディンを編成したいところですが、100%踏破を目指す場合は、ここでMP回復道具を使うわけにはいきません。なので、回復パラディンの代わりに回復魔法戦士を編成してMPパサーで回復することにしました。

 

バリゲーンの宝珠を手に入れることが目的で、55%〜75%を安定して攻略されたい方は、回復魔法戦士の代わりに回復パラディンを編成することをおすすめします。

 

 



 

 

1戦目

1戦目は「どくどくゾンビ」「ヘルゴースト」「しりょうきし」になります。

攻略ポイント

  • ラリホー、呪い攻撃、毒攻撃などの状態以上攻撃を多用してきますので必要ならば「まもりのたて」を使用する
  • 「ヘルゴースト」「しりょうのきし」「どくどくゾンビ」の順番で倒しました

 

 

参考までに、プチアノタクトのバギクロスのダメージです。全体に平均約1000ダメージなので悪くないと思います。

 

 

 

 

メラゾーマのダメージです。

 

 

 

 

2戦目

2戦目は「カンダタ」「カンダタこぶん」× 2になります。

攻略ポイント

  • カンダタの物理攻撃が主体になるので、必要ならば「スカラ」で対策を行う
  • カンダタこぶんが「ルカナン」「ヘナスト」を使用してきますので、必要ならば「まもりのたて」を使用する
  • カンダタから先に倒す

 

 

 

カンダタこぶん2体は、1ターン目に確定でスクルトを使用してきます。物理パーティーでは与ダメージが大幅に減りますので、呪文パーティーがおすすめです。

 

 

 

 

カンダタのオノむそうのダメージです。これにルカナンの守備力減の効果が乗ると大きなダメージになります。対策は「まもりのたて」か「スカラ」になります。

 

 



 

 

3戦目

3戦目は「うごくせきぞう」「うごくひょうぞう」になります。ひょうぞうの悪夢再び!ですね。

攻略ポイント

  • 2体とも「じひびき」を使用してきます。確率で「転び」を付与してきますので、全員に「まもりのたて」は必須です
  • うごくひょうぞうは、ほぼ毎ターン「ベホイミ」を使用してくるのでうごくひょうぞうから先に倒す

 

 

 

 

じひびきのダメージです。被ダメージもやや大きく「転び」も付与してきます。回復役が行動停止に陥れば、壊滅する恐れがあるので「まもりのたて」は必須です。

 

 

 

 

うごくひょうぞうは、ほぼ毎ターン「ベホイミ」を使用してきます。回復量は約1000なので、1000以上のダメージを与えられないと倒すことはできません。また、HPが25%を切ると3ターン後にHPをほぼ全回復する「いやしの時」を使用してきますので、一気に倒し切る火力が必要になります。

 

 

 

 

4戦目

4戦目は「パペットマン」「ボーンファイター」「てっこうまじん」になります。

攻略ポイント

  • ボーンファイターの物理攻撃のダメージが大きいので、必要ならば「スカラ」で対策を行う
  • 「ルカナン」「ヘナスト」対策として、必要ならば「まもりのたて」を使用する
  • 「ボーンファイター」「てっこうまじん」「パペットマン」の順番で倒す

 

 

 

 

ボーンファイターは、1ターン目に確定で「超ブレードガード」を使用してきます。物理パーティーで挑む場合は「きあいため」が必須になります。

 

 

 

 

ボーンファイターの「はげしくきりつける」のダメージです。4戦目はパラディンを編成していると安定します。

 

 

 

 

「ボーンファイター」「てっこうまじん」を倒しました。しかし、残りMPではこの後の最終戦では確実にMPが切れます。100%踏破を目指す場合はここでMP回復道具は使いたくありません。そこで、恐らく一番守備力の低いであろうパペットマンを残して通常攻撃でMPを回復することにしました。75%踏破が目的の方は、MP回復道具を使用して回復してください。

 

 

 

 

MP回復に17ターン費やしました(笑)

 

 

 

 

5戦目

5戦目は「ワイトキング」になります。

攻略ポイント

  • 「呪い」「ふしぎなじゅもん」などの状態異常攻撃を使用してくるので、必要ならば「まもりのたて」を使用する
  • 4ターン毎に「いてつくはどう」を使用してくるので、味方強化スキルなどは「いてつくはどう」後に使用する

 

 

 

 

「呪い」や「ふしぎなじゅもん」による呪文耐性減対策として回復役に「まもりのたて」を使用しました。

 

 

 

 

ヒャダルコのダメージです。

 

 

 

 

バギマのダメージです。

 

 

 

 

いてつくはどうを使用してきました。4ターン毎に使用してきます。

 

 

 

 

ドルモーアのダメージです。ダメージもやや大きいので、パラディンを編成してパラディンガードでの対策がおすすめです。

 

 

 

 

バギクロスのダメージです。耐性無しではダメージが大きいので、バギ耐性を上げることをおすすめします。

 

 

 

 

参考までに、FB2段階のバギクロスのダメージです。

 

 

 

 

メラゾーマのダメージです。

 

 

 

 

倒して終了です。以上が、混沌の魔洞55%〜75%の攻略パーティー紹介になります。

 

 

次回は80%〜100%までの攻略パーティーを紹介したいと思いますが、まさに死闘(ドロ試合)と呼ぶにふさわしい戦いでした。乞うご期待を!

 

では!

 

 

混沌の魔洞80%〜100%の攻略パーティー紹介記事はこちらです。

 

超連戦組手「混沌の魔洞」80%〜100%の攻略パーティー紹介

 

 

混沌の魔洞30%〜50%の攻略パーティー紹介記事はこちらです。

 

超連戦組手「混沌の魔洞」30%〜50%の攻略パーティー紹介

 

関連記事

メガモンスター竜王登場!ネットの反応と心の評価まとめ

 ドラクエ1イベント復刻に併せて、新たにメガモンスター竜王が登場しました。気になる強さと心.....

超連戦組手「混沌の魔洞」80%〜100%の攻略パーティー紹介

 超連戦組手「混沌の魔洞」の80%〜100%までの攻略パーティーを紹介します。 .....

超連戦組手「混沌の魔洞」30%〜50%の攻略パーティー紹介

 超連戦組手「混沌の魔洞」の30%〜50%までの攻略パーティーや戦い方を紹介します。.....