ストーリー
2020.09.09
8章

8章10話ワイトキングを攻略

1周年まで残り3日になりました。

既にスマートウォークで発表されましたが、新職業の追加や、新機能の追加など楽しみでしかたありません!

 

1周年当日からは忙しくなりそうなので、今の内に8章をクリアしておきました。

ストーリなので楽勝だろうと甘く見ていたら、意外と手を焼いたので攻略情報としてまとめました。

 

パーティー編成と装備

戦闘中の主な役割

  • パラディン (壁 回復)
  • レンジャー (攻撃 補助)
  • レンジャー (攻撃 補助)
  • 賢者 (回復)

ワイトキングの弱点はメラギラドルマジバリアで耐性はヒャドイオです。

弱点は盛り沢山ですが、弱点属性の特技を使用できる武器を殆ど所持していません。

一応、ボルケーノウィップを所持していますが、ここはレンジャー2体でドラゴンブーメランを装備し、レボルスライサー守備力下げ影縛りを狙う事にしました。

バギ属性等倍になります。

 

回復役はパラディン、賢者の2体です。

 

ワイトキングは、単体に約350ドルモーアを使用してきます。

これが中々強力なので、壁役でもあるパラディンドルマ耐性を意識した装備にして、パラディンガードで防いでもらう狙いです。

と言っても、装備している防具の中でドルマ耐性があるのは、ロトの鎧下あくまのしっぽのみです。

 

今回助っ人で参戦する黒い騎士もパラディンなので、パラディン2体でパラディンガードの発動を上げるのも狙いです。

 

 

こころの編成

耐久性、回復魔力のバランスをとった編成です。

ダークキングドルマ属性耐性7%があります。

 

 

 

現在所持しているこころで、レンジャーがレボルスライサーで攻撃した際に、最大火力が出せる編成です。

 

 

回復魔力を重視した編成です。

 

 



 

 

実戦

黒い騎士の声ってどっかで聞いたことがあると思ったんですが、ベジータですよね?

 

まず、1ターン目はこごえるふぶき対策で、レンジャー2体でフバーハをかけます。

 

ワイトキングは、のろいや呪文耐性を1段階下げるふしぎなじゅもんを使用してきますので、回復役のパラディン、賢者はまもりのたて使用します。

また、いてつくはどうも使用してきますので、味方へのバフは必要最低限にします。

 

 

 

フバーハ2段掛け状態のこごえるふぶきのダメージです。

これなら余裕と思いきや、ワイトキングは確定3回攻撃になります。

 

恐らくですが、ターン毎に攻撃パターンは決まっておらず、その都度ランダムで攻撃方法が決まっているような感じです。

ドルモーアを2連続で打たれることもあれば、通常攻撃の2連続の時もありました。

 

 

 

早速、黒い騎士がドルモーアから守ってくれました。

大変助かります!頼もしいですね!!

 

 

 

防御下げが1段階入った状態ですが、レボルスライサーでこのぐらいのダメージです。

 

 

 

黒い騎士のダーククライのダメージです。

ダーククライの名前や攻撃モーションをカッコイイと思ってしまう私は厨二病でしょうか?

 

 

 

HPが50%を切りました。

ワイトキングはHP50%を切るとバキクロスを使用してきます。

 

 

 

全体に約250ぐらいのダメージです。

これを含めての3回攻撃なので、中々手強いです!

 

 

 

直後に影縛りが入ってくれたので、かなり助かりました。

 

 

 

ドルモーアのダメージです。

 

 

 

ドルモーア、バギクロス、バギクロスの連続攻撃で追い込まれました。

 

 

 

黒い騎士は回復もしてくれます。

本当に頼もしいです!

 

 

 

HPが25%を切りました。

もう少しです。

 

 

 

 

黒い騎士の助けもあり、無事倒すことができました。

 

攻略難易度は、ランダムに決まる相手の攻撃方法によって変わってくると思います。

バギクロスやドルモーアを多用されれば厳しいし、逆に通常攻撃やこごえるふぶきを多用されれば、かなり楽に攻略できると思います。

 

必要な準備をして、何度が挑戦していれば必ず攻略はできると思いますので、諦めずに挑戦してください。

 

最後に攻略ポイントとをまとめました。

今回使用した道具はありません。

 

攻略のポイント

  • フバーハ2段掛けを維持する
  • 回復役はまもりのたてを維持する

 

以上、8章10話ワイトキングを攻略でした。

関連記事

8章10話ワイトキングをSP装備で攻略できるかを検証してみた

今回は、8章10話のワイトキングをSP装備で攻略できるかを検証してみました。本当に書きたかった記事は.....